オペレーター

古くなった家の雨漏り修理|頼んで安心施行会社

塗装会社が直す

ガレージ

雨漏りというのは、屋根からだけではなく壁からも起こります。屋根にも壁にも、防水性を高めるための塗装が施されているのですが、その塗装が経年劣化で剥げてしまって、防水性が弱まってしまうことで、雨を弾くことができなくなってしまうのです。
もちろんその他にも、屋根瓦が剥げてしまっていたり、壁に穴が開いてしまっていれば雨漏りは起きますが、それくらいの規模の大きいトラブルなら、すぐに察知することができるでしょう。
問題は、屋根や壁の塗装という、あまり目立たない原因で起こる雨漏りです。塗装が剥げているかどうかは実際に見てみないことにはわかりませんし、実際に見たところで、日ごろから屋根や壁の様子に気を配っていなければその変化には気づくことは難しいでしょう。

実際に目で見て判別するよりも、塗装をいつ塗ったのか、その時期によって判断するほうが確実ですし、安全です。
屋根や壁の撥水塗装には、効果が持続する有効時間というものがあって、その有効時間以上の時間が経過している屋根と壁は要注意です。
撥水塗装の有効時間は、一般的には10年程度とされています。長くても、15年までが限度と言えるでしょう。
そのため、前回撥水塗装を行ってから15年以上が経過しているのであればすぐ塗り替えを行ったほうが良いでしょう。10年経過していれば、少し様子を見て、危ないと思ったら塗り替えをしましょう。
時期を見ることで、雨漏りのトラブルを未然に防ぐことができます。