オペレーター

古くなった家の雨漏り修理|頼んで安心施行会社

必要となる費用

スタッフ

雨漏り修理のためのリフォームの場合、どの程度まで被害が深刻化しているのかによって、必要な修理費用が変わります。
一部分だけ、それも塗装が剥げていることによって雨漏りが起きているのであれば、かなり軽度と言えます。撥水塗装を塗り替えするだけで直るのであれば、数万円からでも修理は可能です。
撥水塗装ではなく、屋根の材質そのものがもうダメになっていて、雨が染みこんでしまう場合。全体の取り替えになると思います。屋根全体の取り替えということになると費用はかなり大きく膨らみ、大きさにもよりますが100万円程度の出費までは見ておかなければならないでしょう。

壁の材質にも問題がある場合は、現在ある外壁のさらに外側にもう一枚壁をつくる、重ね張り工法と呼ばれる処置が必要になります。その場合は、130万円以上というかなり大きな費用負担になってしまいます。
雨漏りは放っておくと、その家で生活することができなくなってしまうくらい、重大なトラブルです。そのトラブルを放置しておくことで、これだけ多額の費用負担がかかる工事をしなければならなくなります。
一番良いのは、未然に防ぐこと。次善の策としては、できるだけ費用負担を軽減し、かつ正確で安全な作業が見込める業者に、修理やリフォームを依頼することでしょう。

業者選びの際には、まず費用面で検討しなければなりません。修理費用もリフォーム費用も安くはありませんので、できるだけ費用負担の少ない業者を選んだほうが良いでしょう。
とは言え、費用だけで選んでしまうと、肝心の作業に信頼が置けなくなってしまいます。修理費用を中心としながらも、あくまで正確で安全な作業が見込める、実績の高い業者を選びましょう。